シラバス・国際副専攻開講科目・
国際副専攻の標準的な履修モデル

シラバス・履修の手引き

2018年度国際副専攻のシラバス(授業概要)と履修の手引きについて掲載しております。ご参考ください。

国際副専攻開講科目

留学前(原則)

授業名 内容
Foundation Seminar

国際副専攻を学修するための基礎力の養成に向け、異文化に対する理解やコミュニケーション力の向上を目指す。

Academic English in Natural Sciences I

理系の学生を対象に、英語による科目履修の準備のための総合的な英語学習を行う。

Academic English in Humanities and Social Sciences I

文系の学生を対象に、英語による科目履修の準備のための総合的な英語学習を行う。

Academic English in Natural Sciences Ⅱ

理系の学生を対象に、Academic English in Natural Sciences Iの学習成果を踏まえ、英語による科目履修の準備のための総合的な英語学習を行う。

Academic English in Humanities and Social Sciences Ⅱ

文系の学生を対象に、Academic English in Humanities and Social Sciences Iの学習成果を踏まえ、英語による科目履修の準備のための総合的な英語学習を行う。

Academic Writing Seminar in Natural Sciences

理系の学生を対象に、英語によるライティングスキルの総合的な向上をめざす。

Academic Writing Seminar in Humanities and Social Sciences

文系の学生を対象に、英語によるライティングスキルの総合的な向上をめざす。

Academic Writing in Natural Sciences Ⅰ

理系の学生を対象に、英文による論述やレポート作成の方法について基礎を学ぶ。

Academic Writing in Humanities and Social Sciences Ⅰ

文系の学生を対象に、英文による論述やレポートの作成の方法について基礎を学ぶ。

Academic Writing in Natural Sciences II

理系の学生を対象に、Academic Writing in Natural Sciences Ⅰの学習成果を踏まえ、英文による実践的なレポートや論文の執筆方法を学ぶ。

Academic Writing in Humanities and Social Sciences II

文系の学生を対象に、Academic Writing in Humanities and Social Sciences Ⅰの学習成果を踏まえ、英文による実践的なレポートや論文の執筆方法を学ぶ。

Globalization and Japan

グローバリゼーションに関わる事象を理解し、諸事例の分析を行う。

各学部・系より提供される
授業科目

国際副専攻コースに参加する学部・系が開講している科目を履修

留学中

授業名 内容
海外留学認定科目

海外留学先大学における科目履修

留学後(原則)

授業名 内容
Advanced Seminar

海外留学先大学における学修の成果を報告する。

Advanced Academic Writing

英語による学術論文の執筆について学ぶ。

Internship

国際副専攻コースにおける学修を活かす就業経験を養う。

留学前又は留学後

授業名 内容
Special Discussion Seminar in Natural Science

自然科学分野のテーマを中心に議論、口頭発表などの演習を行う。

Special Discussion Seminar in Humanities and Social Sciences

人文・社会科学分野のテーマを中心に議論、口頭発表などの演習を行う。

国際副専攻で行う授業は、一部を除き英語で行われます。

国際副専攻修了の単位数は、26単位以上です。主専攻の卒業要件は、別途、学生が所属する学部・学科で規定されています。

国際副専攻の標準的な履修モデル

2年次後期~3年次前期に留学する場合

※ 所属する主専攻や留学の時期等により、4年で卒業できない場合があります。